野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日、8年ぶりAクラス決定! 大野雄が11勝目、7回5安打無失点で防御率1位を守る

中日は5日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦に2-0で勝利し、今季の3位以上が確定した。先発の大野雄が7回無失点と好投して競り勝った。中日のAクラス入りは、2012年以来、8年ぶりとなった。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

2回に高橋、平田、武田の3連打で奪った先制点を大野雄が好投で守る

■中日 2-0 DeNA(5日・ナゴヤドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 中日は5日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦に2-0で勝利し、今季の3位以上が確定した。先発の大野雄が7回無失点と好投して競り勝った。中日のAクラス入りは、2012年以来、8年ぶりとなった。

 中日は2回、高橋、平田、武田の3連打で先制すると、この1点のリードをエース大野雄が守った。左腕は毎回のように走者を許しながらも、あと1本を許さず。7回まで97球を投げて、5安打7奪三振無失点と好投した。150奪三振には2つ届かなかったものの、今季11勝目をマークした。8回は又吉、9回は祖父江が締めた。

 これで中日は今季118試合を終えて59勝54敗5分けとし、4位のDeNAとの差を3.5ゲームに広げた。残り試合は両チームとも2試合で、抜かれることがなくなり、8年ぶりのAクラスが決まった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」