野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「めっちゃ見応え」鷹甲斐vsロッテ和田、究極の“育成出身対決”の結末は?

5日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対ソフトバンクの一戦。ロッテが勝利したこの一戦で究極の“名勝負”が繰り広げられ、ファンの注目を集めた。

ソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】

5日の試合で6回に実現した甲斐と和田の手に汗握るせめぎ合い

■ロッテ 6-1 ソフトバンク(5日・ZOZOマリン)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 5日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対ソフトバンクの一戦。ロッテが勝利したこの一戦で究極の“名勝負”が繰り広げられ、ファンの注目を集めた。

 ロッテが1点をリードして迎えた6回だった。1死から菅野が左前安打で出塁すると、井口資仁監督は代走に“切り札”和田康士朗を起用した。ソフトバンクの捕手はパ・リーグ盗塁阻止率トップの“甲斐キャノン”こと甲斐拓也捕手。和田と甲斐。2人が火花を散らした。

 清田に対しての初球はスタートは切れず。続く2球目、和田がスタートを切り掛けストップ。甲斐も牽制球を送る構えだけを見せた。3球目もスタートを切りかけると、今度は甲斐が鋭い牽制球。和田の帰塁がわずかに早くセーフになった。

 続く4球目で和田がついにスタート。間一髪のタイミングだったが、甲斐キャノンがわずかに逸れて盗塁成功となった。和田に盗塁を決められた甲斐だが、その対決を楽しむかのように柔らかな笑みを浮かべていた。

 この究極の対決の一部始終を「パーソル パ・リーグTV 」が「【極限対決】和田康士朗 vs 甲斐キャノン」と題して動画で紹介。ファンからは「互いが互いにめちゃくちゃ意識してるのかっこいい」「熱かったこの戦い!」「育成出身対決!!」「これぞプロって感じで好き」「めっちゃ見応えある」と、手に汗握る対決を喜ぶコメントが寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」