野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「希望の光を届けたかった」 東北との絆を力に変えてきた岩隈久志の野球人生

10月23日に現役引退を表明した巨人・岩隈久志投手。7日のヤクルト戦(東京ドーム)後に引退セレモニーが行われる予定で、改めてファンへの感謝を言葉にする。先に行われた引退会見は印象的な言葉やシーンがいくつもあった。特に東北の存在が野球人としての支えになっていたという。

巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】
巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】

最後は巨人で引退、7日にセレモニーを東京ドームで

 10月23日に現役引退を表明した巨人・岩隈久志投手。7日のヤクルト戦(東京ドーム)後に引退セレモニーが行われる予定で、改めてファンへの感謝を言葉にする。先に行われた引退会見は印象的な言葉やシーンがいくつもあった。特に東北の存在が野球人としての支えになっていたという。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 170個の白星を積み上げた21年の思いを巡らせていた。印象に残るゲームを問われた岩隈は「本当にたくさんのドラマがあったと思っています。ひとつとは言えないんですけれど……」。最初に口を付いたのは、15年前、楽天時代のことだった。

「球界再編で楽天に移籍し、開幕投手をさせてもらいました。第1試合で勝利を挙げられたことです」。

 2005年3月26日のロッテ戦(現ZOZOマリンスタジアム)。新球団の初陣で先発マウンドを任された。9回5安打1失点の投球で見事、勝利した。ロッテとの2戦目は0-26で大敗し、シーズンも最下位だったが、岩隈がいたからこそ、楽天は夢を持って、発進することができた。一歩目がなければ、球団としては2013年の日本一だって実現できなかった。

「2011年の東日本大震災の時(年)も開幕投手をさせてもらいました。東北でみんなが苦しんで戦っている中、任されたことに関して、みんなで前進していく思いがありました。WBCの決勝で投げるよりもすごく緊張して。大事な場面でも投げさせてもらい、その試合をみんなで勝てたことが思い出です」

 引退会見で「絆」「感謝」という言葉を何度も使っていた。特に、05年から6年間、在籍した東北の地で強く感じた絆が、その後の岩隈のモチベーションになっていたという。

 東北は未曾有の災害に見舞われた。04年の新球団設立から移した本拠地・仙台で、自分が復興のシンボルとなろうとした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」