野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ山崎勝己が引退会見、涙と感謝の一問一答「幼馴染の中島とプレーできた」

オリックスの山崎勝己捕手が6日、京セラドームで引退会見を行った。プロ20年を過ごしたベテランはダイエー、ソフトバンク、オリックス、そしてファンに向け感謝の言葉を口にした。また、幼稚園からの幼馴染で共にプレーもした中島裕之内野手(巨人)との思い出に涙する場面もあった。引退会見での一問一答は以下の通り。

引退会見に臨んだオリックス・山崎勝己【写真:球団提供】
引退会見に臨んだオリックス・山崎勝己【写真:球団提供】

プロでの後悔は「オリックスを優勝させれなかった」

 オリックスの山崎勝己捕手が6日、京セラドームで引退会見を行った。プロ20年を過ごしたベテランはダイエー、ソフトバンク、オリックス、そしてファンに向け感謝の言葉を口にした。また、幼稚園からの幼馴染で共にプレーもした中島裕之内野手(巨人)との思い出に涙する場面もあった。引退会見での一問一答は以下の通り。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

――山崎勝から挨拶
「今シーズンをもって現役を引退することになりました。プロ野球生活のスタートに立たせて頂いたダイエーホークス、日本一の経験をさせて頂いたソフトバンクホークス、この年まで選手として在籍して頂き、たくさんの思い出、経験をさせてもらったオリックス、たくさんのファンの方々ありがとうございました」

――今の気持ち、引退を決めた理由は?
「すっきりした。本当に練習、試合と一生懸命やっていたがその準備をもうしなくていい。その気持ちが一番強い。何も貢献できない、戦力になってない。もういいんじゃないかと」

――ダイエーに入団し、ソフトバンクでは日本一も経験
「今思えば、1軍で本当に素晴らしいところ。2軍は辛いところ。良い経験ができた。たくさんのいい仲間とたくさんの声援。勝って当然、勝たないといけないチームで大変だったが、これがプロ野球だなという環境でやらせてもらえた」

――オリックスでの7年間の思い出は?
「まず最初に思うのは勝てなかった。それが申し訳ない。皆いい仲間、本当に皆で勝ちたいと思った7年間でした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」