野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 二刀流の復活目指す大谷翔平の現状は? 地元記者「75~80%ほどの力で投げている」

二刀流の復活目指す大谷翔平の現状は? 地元記者「75~80%ほどの力で投げている」

エンゼルスの大谷翔平投手は今季、開幕早々に投手としては離脱し、打者としても不振にあえぐ試練のシーズンを送った。巻き返しのメジャー4年目に向け二刀流復活を期す中、地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」でエンゼルス番を務めるジェフ・フレッチャー記者が近況を報告している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「彼は投球を始めて1か月ほどになる」 投球の距離は約36メートルまで伸ばす

 エンゼルスの大谷翔平投手は今季、開幕早々に投手としては離脱し、打者としても不振にあえぐ試練のシーズンを送った。巻き返しのメジャー4年目に向け二刀流復活を期す中、地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」でエンゼルス番を務めるジェフ・フレッチャー記者が近況を報告している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2018年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた大谷は、今年7月26日(同27日)の敵地アスレチックス戦で693日ぶりに投手復帰。8月3日(同4日)に右屈曲回内筋群の損傷と診断されて打者に専念した。今季の投手成績は2試合登板し、0勝1敗、防御率37.80。打撃成績は44試合出場し、打率.190、7本塁打、24打点、7盗塁と本来の姿からは程遠かった。

 フレッチャー記者はツイッター上で「エンゼルスはショウヘイ・オオタニの最新情報を提供した」として状況を説明。「彼は投球を始めて1か月ほどになる。投球の距離は約120フィート(約36メートル)まで伸び、75~80%ほどの力で投げている」と詳細を明かした。

 調整は順調なようで「オオタニはスプリングトレーニング開始時には健康な状態でいることが予想され、再び二刀流の選手になることが期待される」とも。完全復活に向けた土台を着々と築いていく。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」