野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹16年ドラ1田中正義は今なにを思う 「どうしたらいいのか…」悩み進む復活の道

ソフトバンクの2軍は7日、宮崎市内のひなたサンマリンスタジアムでファーム選手権で楽天と戦い、4-6で敗れた。2年連続のファーム日本一を逃し、2年連続の“親子”日本一はならなかった。

ソフトバンク・田中正義【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・田中正義【写真:福谷佑介】

7日のファーム選手権では最速153キロをマークした田中

 ソフトバンクの2軍は7日、宮崎市内のひなたサンマリンスタジアムでファーム選手権で楽天と戦い、4-6で敗れた。2年連続のファーム日本一を逃し、2年連続の“親子”日本一はならなかった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この一戦で2点ビハインドの9回にマウンドに上がったのが2016年ドラフト1位の田中正義投手。右肘痛などの故障離脱から復帰した右腕は1安打こそ許したものの、最速153キロの真っ直ぐを武器に1イニングを無失点に抑えた。

 2016年のドラフトで5球団競合の末に創価大から入団した田中。プロ入り後は故障に苦しみ、これまで2018年に10試合に登板したのが最多の登板数だ。4年目となった今季もキャンプ中に右肘痛を訴えて離脱し、その後も状態はなかなか上がらなかった。

 今季の実戦初登板は10月7日になってから。ただ、そこからは2軍のウエスタン・リーグなどで登板を重ねて、11月1日の同リーグ最終戦では自己最速タイの156キロもマークした。この日は最速153キロも、150キロを超える力強い真っ直ぐが、右腕には戻ってきた。

 敗れたファーム選手権後、田中は「しっかり真っ直ぐを捉えられちゃったんで、あそこをしっかり。コントロールが高かったので、修正します」と語り、村林に浴びた左中間への二塁打を反省。それでも、一時は全く投げられない時期さえあっただけに、再び投げられるようになったことに手応えを感じていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」