野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「道具も体の一部」 巨人坂本の通算2000本安打を支えた球界屈指の“感度”とは

巨人の坂本勇人内野手が8日のヤクルト戦(東京ドーム)で史上53人目の通算2000本安打を達成した。プロ2年目の2008年からトレーニングウェア、スパイク、革手袋など用具契約を結ぶ「アディダス ジャパン株式会社」の鈴木章弘さんに、坂本の道具へのこだわりを聞いた。

巨人・坂本勇人【写真提供:読売巨人軍】
巨人・坂本勇人【写真提供:読売巨人軍】

「アディダス ジャパン株式会社」担当者の鈴木章弘さん「坂本選手の足の感覚は本当に敏感」

 巨人の坂本勇人内野手が8日のヤクルト戦(東京ドーム)で史上53人目の通算2000本安打を達成した。プロ2年目の2008年からトレーニングウェア、スパイク、革手袋など用具契約を結ぶ「アディダス ジャパン株式会社」の鈴木章弘さんに、坂本の道具へのこだわりを聞いた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 31歳10か月での大台到達。高卒2年目の2008年から体の不安の大きい遊撃のレギュラーを張ってきた男を支えているのは、何と言ってもスパイクだ。14年から球場によって3種類のスパイクを使い分け。持病とも言える腰痛を抱えているだけに、スパイクの歯の長さや形状が若干異なるものを使用している。

 1つ目は本拠地・東京ドームなどメーンで使用する歯1.2センチのスパイク。2つ目は甲子園など土のグラウンドで使用する歯1.4センチのスパイクで、3つ目はナゴヤドーム、札幌ドームなど短い人工芝で守備に就く際に使用する裏底ゴム製のスパイクだ。

「坂本選手の足の感覚は、本当に敏感だなと思います。故障に対する注意もあると思いますし、遊撃手は他の選手より動きが激しいポジション。スパイクは走る、打つ、守る、常に身に着ける重要な用具。長くスパイクを履いていると多少革が伸びてくるんですが、少しでも感覚が変われば、すぐに新しいスパイクに履き替えています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」