野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

原監督も驚いた…巨人坂本、18歳の決断 担当者が明かす2000安打バットの変遷

巨人の坂本勇人内野手は8日のヤクルト戦(東京ドーム)で、31歳10か月で史上53人目の通算2000安打を達成した。歴代2位の年少記録で右打者では最年少。坂本がプロ3年目の2009年からバットアドバイザリー契約を結ぶ野球用具メーカー「エスエスケイ(SSK)」の担当者・岩元正さんに、商売道具と言えるバットへの坂本のこだわりや愛情、バットにまつわるエピソードを聞いた。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

野球用具メーカーSSK岩元正さん「高卒1年目で一番重くて扱いが難しい金本モデルを選んだ…驚きました」

 巨人の坂本勇人内野手は8日のヤクルト戦(東京ドーム)で、31歳10か月で史上53人目の通算2000安打を達成した。歴代2位の年少記録で右打者では最年少。坂本がプロ3年目の2009年からバットアドバイザリー契約を結ぶ野球用具メーカー「エスエスケイ(SSK)」の担当者・岩元正さんに、商売道具と言えるバットへの坂本のこだわりや愛情、バットにまつわるエピソードを聞いた。

【画像】「笑顔がたまらない」 「素敵な戦友」から届いた花に巨人坂本が見せた最高スマイル

 坂本選手が入団した時から、私は「他の選手とは違う」と思っていました。早い段階でいろんな記録を必ず作ると予感していました。入団1年目に思い出深いシーンがあります。試合で木製バットを使ったことのない高卒1年目の選手は、まず木製バットを振れないんです。できるだけ軽く短いバットを私に求める選手が多いんですが、坂本選手はバットの重さが920グラム。一番重くて扱いが難しい金本知憲選手モデルのバットを選んでいました。高卒の選手に900グラム以上のバットは重いので、890グラムとか900グラム以下を求めるのが一般的なんです。驚きましたね。当時、私から「それでいいの?」と確認させてもらったぐらいですから。

 1年目の春季キャンプからしっかり振れていました。当時、坂本選手が原監督とバットの話になった時に、原監督がバットの重さを確認したことがあったそうです。坂本選手が「920グラムぐらいです」と返したら、原監督も「おぉ~バットは重たい方がいいんだ」と驚いたようです。この原監督とのやり取りで「自分が選んだバットは間違いないんだな」と思ったようです。巨人のプレッシャーのかかる環境で、高卒2年目からレギュラーとして試合に出る。私がジャイアンツ担当となったのは1993年からですが、高卒の早い段階で1軍で結果を残すのを見たのは松井秀喜さんだけです。

 1年目からいろんなバットを作りました。バットはアルファベットの「A」から型を作っていくんですが、今は11型目の「K」。A型は金本選手モデル。1年目は4型ぐらい作りました。1軍に定着した2年目に高橋由伸選手のバットを握って、「由伸さんと同じ型を作ってください」と。34インチ、重さは910グラムぐらいありました。それを10年間ぐらい使っていました。そのモデルを変えたのは2013年ぐらいでしょうか。由伸選手がバットを全体的に0.3ミリほど細くマイナーチェンジしたのがきっかけです。そのバットを握って、「あれ変わっている。岩(がん)さん、僕もこれにしてください」と。それからはずっと今と同じものを使っています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」