野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「このまま死ぬんじゃ」睡眠時間1時間の時も…鷹・周東、苦しみの末に掴んだ盗塁王

ソフトバンクの周東佑京内野手が育成選手として初の盗塁王に輝いた。9日に本拠地PayPayドームで行われたレギュラーシーズン最終戦の西武戦で今季の全日程が終了。周東は2位の日本ハム・西川遥輝に8個の差をつけて、初のタイトルを獲得した。

9月12日の西武戦で2失策して涙、寝られず「このまま死ぬんじゃないか…」

 ただ、徐々に盗塁数を増やし「1位と7個差くらいになったくらいに、この残り試合数ならいける」と思い始めたという。そこから盗塁を量産し、10月16日からはプロ野球記録となる13試合連続盗塁。トップに立ち、2位以下を突き放して、タイトルを手にした。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 この1年を「正直キツかったです。体のキツイのもありますけど、気持ちが疲れました。どんどん気持ちが疲れていくなと感じていました」。レギュラーとして試合に出続ける大変さを身をもって痛感した。

 9月12日の西武戦では2つの失策を犯してベンチで涙を流した。悔しさから、その日はほとんど寝られなかった。「このまま死ぬんじゃないか」と思うほど追い詰められた。翌日はデーゲーム。「球場に行かなくていいなら、行きたくないと思っていた」。睡眠時間わずか1時間ほどで翌日の試合に臨んでいた。

「今はもうあまり考えすぎないようにしています。寝られない時もあったけど、寝られないなら寝られないでいいや、と。帰ったら切り替えられるようになりました」。精神面でも一皮剥けた。かかるプレッシャーに立ち向かい、そして、目指したタイトルを手にした。

「一生懸命やってきてよかったです」と、試合後にはホッとしたような笑顔を見せた周東。苦しみ抜いた末に掴んだ栄光。あの日の涙は決して無駄ではなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」