野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の育成出身だけで史上最多“6冠”制覇 盗塁王の周東が語った“なぜ育つか”

ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで西武と今季最終戦を戦い、6-2で快勝した。この日でパ・リーグのレギュラーシーズンは全日程が終了。各個人タイトルが確定し、ソフトバンク勢は投打計12部門のうち7部門でタイトルを獲得した。

ソフトバンク・千賀滉大、石川柊太、リバン・モイネロ、周東佑京(左上から時計回り)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大、石川柊太、リバン・モイネロ、周東佑京(左上から時計回り)【写真:藤浦一都】

千賀、石川、モイネロ、周東の4人で12部門中6部門を制覇

 ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで西武と今季最終戦を戦い、6-2で快勝した。この日でパ・リーグのレギュラーシーズンは全日程が終了。各個人タイトルが確定し、ソフトバンク勢は投打計12部門のうち7部門でタイトルを獲得した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日、2点リードの4回から登板して3イニングを無失点に封じた石川柊太投手は今季11勝目をマーク。最終戦で千賀滉大投手、楽天の涌井秀章投手に並び、最多勝のタイトルを分け合う形に。さらに最高勝率にも輝き“2冠”に立った。

 千賀は最多勝とともに最優秀防御率、最多奪三振も獲得して“3冠”を獲得。リバン・モイネロ投手は40ホールドポイントをマークし、最優秀中継ぎのタイトルに輝いた。打者では柳田悠岐外野手が146安打で最多安打を手にし、この日の3回に今季50盗塁目を決めた周東佑京内野手は最多盗塁の座を掴んだ。

 12部門のうち7部門のタイトルを手にしたソフトバンク勢。その中でも目を見張るのは、そのうちの6部門が育成出身者たちによるものだということ。3冠の千賀をはじめ、石川、周東、そしてモイネロも入団時は育成選手としての加入だった。

 育成出身者として初の50盗塁、そして盗塁王を手にした周東は「嬉しいです。育成だった時の気持ち、去年なかなかスタメンで出られなかったという悔しさを忘れずに今シーズンやってきたので嬉しいですね」と喜びを口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」