野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAバッテリーが振り返る「会心の1球」 捕手・戸柱の「忘れられない球」とは?

シーズンを通じて、捕手は数多くの投手を相手に何千球という球を受ける。投げ込まれる球は投手によって多種多彩。試合状況を加味すれば、全く同じ球が生まれることは2度とない。それぞれの球が様々な意味を持つ中で、バッテリーの心に鮮烈な印象を残す「会心の1球」とは……。

DeNA・戸柱恭孝【写真提供:(C)YDB】
DeNA・戸柱恭孝【写真提供:(C)YDB】

10月16日の本拠地・巨人戦、9回2死から吉川尚輝を仕留めた膝元ストレート

 シーズンを通じて、捕手は数多くの投手を相手に何千球という球を受ける。投げ込まれる球は投手によって多種多彩。試合状況を加味すれば、全く同じ球が生まれることは2度とない。それぞれの球が様々な意味を持つ中で、バッテリーの心に鮮烈な印象を残す「会心の1球」とは……。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 DeNAの5年目捕手、戸柱恭孝が忘れられない1球に挙げるのは、10月16日、本拠地・巨人戦で試合を締めくくった最後の1球だ。守護神・三嶋一輝が、巨人・吉川尚輝に投じた時速153キロのストレート。ハマの同級生バッテリーが揃って「会心の1球」と話す、このボールについて戸柱、三嶋、それぞれのストーリーをお届けする。まずは、戸柱の話に耳を傾けてみよう。

 ◇ ◇ ◇

 首位を独走する巨人を横浜スタジアムに迎えた3連戦の初日。DeNAは4位ながら、2位の中日と2.5ゲーム差、3位の阪神と1ゲーム差という拮抗した状況にあった。ここまで対巨人戦は6勝12敗と分が悪かったが、2位争いにとどまるために、勝ち越しておきたいカードだった。

 試合は7回まで0-0の均衡を保ったが、8回に試合が動いた。坂本勇人の犠飛で巨人に1点先制されたDeNAは、その裏、先頭・佐野恵太のソロ弾ですぐさま同点に追いつくと、2死二塁から大和がライトへ勝ち越し二塁打を放ち、逆転に成功する。

 そして、迎えた9回。マウンドに上がったのは、今季途中から守護神となった三嶋だ。だが、先頭・田中俊太に1-1から投じた3球目外角スライダーはライトへの三塁打。いきなり、無死三塁という同点のピンチを迎えた。

 戸柱は当時の状況を、こう振り返る。

「打球を前に飛ばされたら、点が入る確率が高まる。なので、続く大城(卓三)選手の時は、しっかり三振を狙いにいきましたね。それに三嶋が応えてくれたのが一番よかった。まずは、大城選手をフォークで空振り三振にして、立岡(宗一郎)選手もまた決め球をフォークで空振り三振にしましたが、次のバッターも攻め方や決め球は絶対に見ているわけであって……」

【PR】オフシーズンコンテンツも充実! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」