野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、7回終え巨人投手陣の前にノーヒット 藤川球児の引退試合で打線が沈黙

阪神は10日、本拠地・甲子園での巨人戦を7回まで終え無安打無得点と打線が沈黙している。この日は藤川球児投手の引退試合だが甲子園はため息の連続が続いている。

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

畠が3イニング、戸郷が3イニング、桜井が1イニングを無安打

■阪神 – 巨人(10日・甲子園)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 阪神戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は10日、本拠地・甲子園での巨人戦を7回まで終え無安打無得点と打線が沈黙している。この日は藤川球児投手の引退試合だが甲子園はため息の連続が続いている。

 巨人は先発の畠が3イニングで3四球を許したが無安打無失点、4回から2番手でマウンドに上がった戸郷も3イニングを無安打無失点の好投を見せると、7回から3番手で登板した桜井も阪神打線を無安打に封じた。打線は初回に3点を奪い、7回には2死満塁から岡本が押し出し四球を選び1点を追加した。

 阪神はこの日を藤川球児の引退試合として開催。ここまで0-4と追う展開となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」