野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ロッテ右腕が一生忘れないドラフト指名 教室の扉を開けた先に待っていたサプライズ

今年もドラフト会議で、多くのプロ野球選手が誕生しました。ドラフト1位で指名された早大の早川隆久選手や近大の佐藤輝明選手を筆頭に、大学生の指名が多く見受けられました。連載『島孝明のセカンドキャリア―Brand New Days―』第4回はドラフト会議に因んで、私が指名を受けた時のことについて書いていきたいと思います。

ドラフト会議で指名され仲間と喜びを分かち合う島孝明さん【写真:本人提供】
ドラフト会議で指名され仲間と喜びを分かち合う島孝明さん【写真:本人提供】

東海大市原望洋からロッテ3位で入団、昨年限りで現役を引退した島孝明さんの好評連載第4回

 今年もドラフト会議で、多くのプロ野球選手が誕生しました。ドラフト1位で指名された早大の早川隆久選手や近大の佐藤輝明選手を筆頭に、大学生の指名が多く見受けられました。連載『島孝明のセカンドキャリア―Brand New Days―』第4回はドラフト会議に因んで、私が指名を受けた時のことについて書いていきたいと思います。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 私がプロ野球選手を意識し始めたのは、東海大市原望洋高校3年の春でした。千葉県大会で153キロをマークし、多くのメディアに取り上げていただき、一気に注目されるようになりました。球団スカウトの視察も増え、日に日にプロ野球に対する意識は強まっていきました。

 実は以前までの自分は一度もプロ野球選手になりたいと考えたことがありませんでした。どこか別世界のような感じがあり、自身の将来の選択肢になるとは全く予想もしていませんでした。ところが153キロをマークしたことに加えて、U-18の高校侍ジャパンにも選ばれたことで、プロ野球選手になるという選択肢が現実のものと思えるようになってきました。

 プロ志望届を出し、ドラフト会議を待つまでの間はいくつか取材もありましたが、それ以外は、変わったことはありませんでした。日本代表が終わってからも、練習は続けており、時々、後輩たちの練習に混ざりながら、授業と部活を繰り返す毎日を送っていました。

 ドラフト会議当日も朝から変わることなく、いつも通りの日常が流れていましたが、直前になってようやく心のざわつきのようなものを感じ始めました。私は全く実感がなかったのですが、当日の朝一緒に登校していた友達からは、顔が緊張していると言われていたので、無意識のうちにそういった感情が表出していたのかもしれません。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」