野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロゲーマーも目指した元広島左腕 広がり続けるセカンドキャリアの選択肢

日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレーヤーたちが1球団4人のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う。選手を選抜するプロテストに、1人の元プロ野球選手が挑戦していた。元広島投手の江草仁貴氏だ。

研修会に登壇した江草仁貴氏【写真:安藤かなみ】
研修会に登壇した江草仁貴氏【写真:安藤かなみ】

江草仁貴氏「『プロになってみたい』という純粋な気持ちで挑戦しました」

 日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」が12月5日に開幕する。3シーズン目となる今季も厳しいプロテストを通過したトッププレーヤーたちが1球団4人のチームを結成。プロ野球同様に、セ・パ両リーグに分かれて日本一の座をかけて争う。選手を選抜するプロテストに、1人の元プロ野球選手が挑戦していた。元広島投手の江草仁貴氏だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 実は江草氏は、「eBASEBALL プロリーグ」のプロプレーヤーを目指し、オンライン予選に挑戦していた。不合格になったものの、プロプレーヤーが集まる研修会では講師として登壇し、プロとしての矜持を説いた。2017年に現役を引退し介護事業の運営をスタート。翌2018年春からは、大阪電気通信大野球部のコーチにも就任した江草氏。なぜプロゲーマーを目指したのか――。江草氏はこう話した。

「eBASEBALL プロリーグ」というパワプロのプロリーグがあると知って「プロ野球選手とeBASEBALLのプロ選手の両方をやった人はいないな」と思ったことがきっかけでプロテストを受けました。パワプロは中学生のころからずっとやっていたので自信はあったんですが、全く歯が立ちませんでした(笑)

 練習を積んでオンライン予選に挑戦しましたが、終わってみたら56位。合格ラインは20位だったので、プロの壁を感じましたね。「配球なら負けねえぞ」と思って球を待っていましたが、読み通りに来ても、ちょっとカーソルがずれたら打てないんです。

 実際の野球と同じように、『パワプロ』でも攻め方は人によって全然違う。試合の途中で「この人はこういう攻め方なんだな」ということに早く気付いて、確率が1番高いところで待っている…という風にプレーしていました。実際もキャッチャーによって攻め方が違いますし、「このキャッチャーはどこ投げさせたいんだな」とか、「このバッターはどこ待っているな」と現役時代も考えていました。

 プロテストには、とにかく「プロになってみたい」という純粋な気持ちで挑戦しました。ゲームでプロになるってやっぱりすごいことだし、僕にとってあこがれの職業。しかも、今はすごい人数がやっている。その中でプロになるって憧れですよね。夢を与える仕事なので、憧れられるというのはとても大事。そういう人が増えてくると、国内のeスポーツも盛り上がってくると思います。ただ、それで学校に行かないとかということになってしまうとそれは問題。バランスをとりながらやれたらいいですね。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」