野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ3連覇逃した西武が首脳陣のテコ入れしなった訳 渡辺GMが語る意図とは?

リーグ3連覇を逃した西武が11日、来季2021年のコーチングスタッフを発表した。1軍はバッテリーコーチを2軍担当と入れ替えただけで、ほぼ不動。テコ入れも外部招へいもなく、辻発彦監督5年目のシーズンに臨む。

西武・渡辺久信GM【写真:宮脇広久】
西武・渡辺久信GM【写真:宮脇広久】

渡辺GMが説明「一昨年、昨年の連覇は打撃コーチ陣のお陰」

 リーグ3連覇を逃した西武が11日、来季2021年のコーチングスタッフを発表した。1軍はバッテリーコーチを2軍担当と入れ替えただけで、ほぼ不動。テコ入れも外部招へいもなく、辻発彦監督5年目のシーズンに臨む。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この日最大のトピックは、2010年のドラフト1位で19年限りで現役引退した大石達也氏が2軍投手コーチ、元外野手の高山久氏が2軍打撃コーチ、元内野手の鬼崎裕司氏が2軍内野守備・走塁コーチに就任したこと。1軍絡みの異動は、42歳の野田浩輔2軍バッテリーが1軍に昇格し、入れ替わりに52歳の秋元宏作1軍バッテリーコーチが2軍に回るだけだ。

 渡辺久信GMは「今年は終盤に追い上げ、CS進出の可能性が見えてきたところで敗れた。その悔しさは球団を含め全スタッフ、選手が感じている。必ず来季やり返すつもりだし、悔しさを知る首脳陣がやってくれると思う」と説明した。あえてコーチングスタッフの顔ぶれを変えず、リベンジのチャンスを与えたというわけだ。

 バッテリー担当の入れ替えについても、「ダメだから交代という考えは一切ない。野田がファームでだいぶコーチらしくなってきたので、1度は1軍の勝負がかかった所でコーチングをさせてみたい」と語った。

 もともと、辻監督を支える1軍コーチングスタッフの顔ぶれは毎年、変動が極めて少ない。就任1年目の17年の1軍コーチ陣のうち、現在球団に在籍していないのは、18年限りで退団した橋上秀樹氏(17年は野手総合コーチ、18年は作戦コーチ)と、投手コーチ在任中の17年6月に急逝した森慎二氏だけ。馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチと阿部真宏打撃コーチの2人は、来季を含め5年連続で1軍コーチを務める。その他もファームやフロントに異動し、引き続きチームを支え続けている。

“辻内閣”史上最大の変化といえば今年、現役時代に西武の主力選手として活躍した豊田清1軍投手コーチと小関竜也1軍外野守備走塁コーチが、いずれも15年ぶりにチームに復帰したことだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」