野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・石井新監督、GM兼任に葛藤も「中途半端に」「僕でいいのか」 会見一問一答

今季パ・リーグ4位に終わった楽天は12日、石井一久取締役GMが来季監督を兼任する異例の人事を発表した。正式名称は「取締役GM(ゼネラルマネジャー)兼監督」。オンライン会見に臨んだ石井新監督との主な一問一答は次の通り。

会見に臨んだ楽天・石井一久GM【写真提供:楽天野球団】
会見に臨んだ楽天・石井一久GM【写真提供:楽天野球団】

「リリーフから構築していくのがセオリーだが、GMの僕の力不足でできなかった」と反省も

 今季パ・リーグ4位に終わった楽天は12日、石井一久取締役GMが来季監督を兼任する異例の人事を発表した。正式名称は「取締役GM(ゼネラルマネジャー)兼監督」。オンライン会見に臨んだ石井新監督との主な一問一答は次の通り。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「まず、(2018年9月に)GMに就任した時から、僕の使命は常勝チームにすること、骨太なチームにすることと肝に銘じてやってきた。監督になっても、そのスタンスは変わらず、しっかりやっていきたい。イーグルスを、東北の皆さまに愛されるだけではなく、愛されながら強いチームにすることが最終的な僕の使命だと思う。しっかり覚悟を持って取り組んでいこうと思ってます。物事がすごく変化する時には、勇気、覚悟が大事になる。何を言われようが、ぶれずにしっかり邁進するだけだと思っています。短期的な勝利も大事だが、中期的に底力をつけて、あの時があったから今があると言われるような、意欲的なチームにしていきたい」

──監督就任を受諾した心境
「簡単なことではないが、今をなんとかしっかり乗り越えていかなければ、このチームの歴史ができない。その一歩をしっかり踏んでいきたい」

──GM職と監督を兼務することについて
「僕でいいのかな、とは思った。今年の結果に対しては、(GMとして)自分自身の反省もある。しっかり腰を据えて、というか、自分が中心になってこのチームを動かしていかないといけないと思う」

──今季のチームへの評価は
「ポテンシャルのあるチームだが、勝負弱いと思っている。それが今シーズンに出たのかなと思う。来季、そこをしっかり作り変えて骨太のチームにしていきたい」

──どんなチームにしていくのか
「このチームの良さもあるので、それは壊さず、弱い所をもう1回作り直して、いろんなことに対応できるチームにしていきたい。打ち勝つ野球もそうだが、守り勝つ野球も含め、いろんなバリエーションを作ることで強いチームになると思う。どんな野球にも対応できるチームにしていきたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」