野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・坂本勇人が放った偉業への1本目 許した元中日左腕の“心残り”とは?

もう13年も前の対戦なのに、マウンドからの情景を鮮明に覚えている。2007年9月6日、ナゴヤドーム。当時、中日のリリーバーだった高橋聡文氏は、延長12回の窮地で登板した。1-1の同点で迎えた1死二塁。高橋由伸(前巨人監督)を左飛に仕留めた後、小笠原道大(現日本ハムヘッドコーチ兼打撃コーチ)と阿部慎之助(現巨人2軍監督)を四球で歩かせて満塁に。ベンチの指示通りで、勝負は次の打者だった。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

18歳の坂本と対戦した高橋聡文氏「投げるたびにタイミングの取り方が…」

 もう13年も前の対戦なのに、マウンドからの情景を鮮明に覚えている。2007年9月6日、ナゴヤドーム。当時、中日のリリーバーだった高橋聡文氏は、延長12回の窮地で登板した。1-1の同点で迎えた1死二塁。高橋由伸(前巨人監督)を左飛に仕留めた後、小笠原道大(現日本ハムヘッドコーチ兼打撃コーチ)と阿部慎之助(現巨人2軍監督)を四球で歩かせて満塁に。ベンチの指示通りで、勝負は次の打者だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 迎えるは、投手の上原浩治。両チーム総力戦で、ベンチにはほとんど選手が残っていないのは分かっていた。代打で出てきたのは、高卒1年目の坂本勇人。「相手のレギュラーメンバーはしっかりミーティングで対策を練りますが、控え選手についてはそこまで情報なかったですね」。相手は無安打のルーキー。対打者というよりも、その局面を脱することが先決だった。

 御法度は押し出し四球。「どんどん真っ直ぐの力勝負で攻めていこう」という思惑通り、右打席に立つ18歳は思い切り差し込まれていた。「自分の中では、三振がとれるかなと思いました」。自信を持って左腕を振ったが、徐々に不安も生まれた。「初球の反応に比べると、投げるたびにタイミングの取り方がマッチしていっていたので、ちょっと嫌だった」。

 カウント2-2からの144キロを当てられ、詰まった打球は中堅方向へ。「よし、打ち取ったとは思ったんですが、ちょっと打球の方向が嫌な予感がして……。そしたら案の定、落ちました」。二遊間の頭を越えた中前にポトリ。走者2人が生還し、勝ち越しを許した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」