野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「隙なし」ホークスにロッテはどう立ち向かうべき? 名参謀が異例のCSを読み解く

2020年のクライマックスシリーズ(CS)は14日からリーグ覇者のソフトバンクが本拠地PayPayドームでロッテを迎え入れ行われる。今季はファーストステージがなくなりファイナルステージの1本勝負となる。コロナ禍により例年とは違うCSを元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏が分析した。

ロッテ・井口資仁監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

1位~3位まで全ての立場でCSを経験した森脇浩司氏

 2020年のクライマックスシリーズ(CS)は14日からリーグ覇者のソフトバンクが本拠地PayPayドームでロッテを迎え入れ行われる。今季はファーストステージがなくなりファイナルステージの1本勝負となる。コロナ禍により例年とは違うCSを元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏が分析した。

【画像】オリックス吉田正の妻は「ばり美人」 新妻ゆり香さん、湘南乃風・若旦那さんとのスリーショット画像

 ソフトバンク、オリックスでは1位~3位まで全ての立場でCSを経験している森脇氏。追う立場、追われる立場では異なった難しさがあるが今年は少し違う状況だ。

「1位がアドバンテージを持つのは同じだが、今回は本来のファイナルとは違い、4戦で決まる超短期決戦。1戦1戦の切り替えは大事になってくるが、やはり勢いをつけたい。例年以上に初戦が鍵になる」

 また、昨年まではリーグ優勝チームはCSファーストステージの勝者を待つため期間が空き、試合勘が鈍ることが懸念されていたが「今年に言えばブランクはなく、条件が同じでその点においては試合感覚を心配する必要はない。本来の力が出やすい状況ともいえる」と、レギュラーシーズンでの“力の差”が短期決戦でも出る可能が高いことを指摘した。

 シーズン終盤に圧倒的な力を見せ3年ぶりのリーグ優勝を決めたソフトバンク、コロナ禍で主力を欠きながらも西武とのCS争いを制したロッテ。森脇氏は見所満載で目が離せないCSになるという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」