野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松坂1軍登板なし、バレ期待ハズレ 涌井は3球団最多勝…明暗分かれた移籍組

2020年のプロ野球も残りあとわずか。パ・リーグはレギュラーシーズンの全日程が終わり、ソフトバンクが3年ぶりにリーグ優勝し、2位のロッテとクライマックスシリーズを戦う。セ・リーグは14日の1試合を残すが、巨人が2年連続のリーグ優勝を決めた。

楽天・涌井秀章(左)と西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
楽天・涌井秀章(左)と西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

FA移籍組では鈴木大、美馬の活躍の一方で、福田秀は苦戦

 2020年のプロ野球も残りあとわずか。パ・リーグはレギュラーシーズンの全日程が終わり、ソフトバンクが3年ぶりにリーグ優勝し、2位のロッテとクライマックスシリーズを戦う。セ・リーグは14日の1試合を残すが、巨人が2年連続のリーグ優勝を決めた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 例年、注目が集まるのは新天地へと移籍した選手たち。今季も、オフの間に所属球団が替わった選手が数多くいた。そういった移籍した選手たちは、今季、どれだけの活躍を見せたのか、見せられなかったのか。その明暗を見ていく。

【FA移籍】
鈴木大地(ロッテ→楽天)
120試合478打数141安打4本塁打55打点 .295

美馬学(楽天→ロッテ)
19試合10勝4敗0S0H 123回 88奪三振 3.95

福田秀平(ソフトバンク→ロッテ)
62試合204打数44安打5本塁打19打点 .216

 昨オフはFA権を行使して3選手が新天地へ移った。ロッテから楽天へ移籍した鈴木大地は一時、首位打者を狙えるほどの高打率を残すなど、楽天打線の核として申し分のない活躍。楽天からロッテに移った美馬は防御率こそ3.95だったものの、3年ぶりの2桁勝利をマークした。福田秀は相次ぐ故障離脱で62試合出場、打率.216止まりに終わり、大きな期待には応えられなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」