野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ楽天は異例の「GM兼監督」に舵を切ったか? 歴史が浅いからこその「チャレンジ」

楽天は12日、石井一久GMが来季監督に就任することを発表した。編成部門トップのGMと現場の監督を兼任するのは極めて異例の人事。どこからこの発想が生まれたのか。そして、成算はどれだけあるのだろうか。

会見に臨んだ楽天・石井一久GM【写真提供:楽天野球団】
会見に臨んだ楽天・石井一久GM【写真提供:楽天野球団】

「批判も多いが、新しいスタイルにチャレンジしていきたい」と立花球団社長

 楽天は12日、石井一久GMが来季監督に就任することを発表した。編成部門トップのGMと現場の監督を兼任するのは極めて異例の人事。どこからこの発想が生まれたのか。そして、成算はどれだけあるのだろうか。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「“取締役GM兼監督”が正式名称になるかと思います」。オンライン会見に臨んだ立花陽三球団社長が、いみじくもそう語った。経営サイドの役員と、編成トップと、現場監督を兼ねるというのだから重職である。立花社長は「短期的にも、中長期的にもチームを強くするために、全てにおいて彼が必要。大活躍してほしい」と期待を込めた。

「異例ではあるが、われわれは歴史が浅い球団なので、課題も批判も多い。立ち止まることなく、新しいスタイルにもチャレンジしていきたい」とも語った立花社長。球団創設16年目を終えたばかりの楽天はOBの数が少なく、ノウハウの蓄積も少ない。だからこそ、従来の球界の常識に捉われない進取の気性がある。三木谷浩史オーナーも、過去に外国人選手枠の撤廃に言及するなど、さまざな球界改革のプランを頭に描く。

 石井新監督はGM兼監督への就任に「中途半端になるのではないか、しっかり責務を果たせるのか、という思いもあった」と迷いながら「簡単ではないからこそ、しっかり取り組みたい」と決断。「今をなんとかしっかり乗り越えていかないと、このチームに歴史ができない」と球団の行方を左右する責任の重さを自覚している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」