野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武が新たに5選手を戦力外 森越は2年連続3度目の通告、今オフは計8選手に

西武は13日、野田昇吾投手、國場翼投手、水口大地内野手、永江恭平内野手、森越祐人内野手に、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

西武から戦力外通告を受けた野田昇吾【写真:荒川祐史】
西武から戦力外通告を受けた野田昇吾【写真:荒川祐史】

野田や國場、水口らに来季の契約を結ばない旨が通告された

 西武は13日、野田昇吾投手、國場翼投手、水口大地内野手、永江恭平内野手、森越祐人内野手に、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 2015年のドラフト3位で入団した野田は貴重な左腕として2018年には58試合に登板してリーグ優勝に貢献。だが、昨季は23試合、今季はわずか3試合と登板を減らしていた。2015年ドラフト8位で入団した國場は今季7試合に登板し、防御率7.36の成績だった。

 水口は2012年の育成ドラフト1巡目で入団。俊足を武器に2017年には56試合に出場したが、今季は7試合の出場に止まった。2011年のドラフト4位で入団した9年目の永江は今季1軍出場なし。

 中日、阪神を経て、西武に加入した森越も今季の1軍出場はなかった。中日時代の2014年オフ、阪神時代の2019年オフと戦力外通告を受けており2年連続、3度目の通告を受けることとなった。
 
 西武は3日に多和田真三郎投手、相内誠投手、藤田航生投手の3選手に戦力外を通告。自律神経失調症からの復帰を目指している多和田は育成契約で再契約する見込みだが、新たに5選手に通告し、今オフは計8選手に戦力外を通告した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」