野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・牧原が珍しい「遊撃前ツーベース」放つ 俊足でロッテ守備陣のスキ突く

ソフトバンクの牧原大成内野手が珍しい“遊撃前二塁打”を放った。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。1点ビハインドの5回に珍ツーベースは生まれた。

ソフトバンク・牧原大成【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・牧原大成【写真:藤浦一都】

遊撃前の内野安打がロッテ守備の乱れでツーベースに

■ソフトバンク – ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの牧原大成内野手が珍しい“遊撃前二塁打”を放った。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。1点ビハインドの5回に珍ツーベースは生まれた。

 先頭で打席に入った牧原が美馬のボールを弾き返すと、打球は遊撃の藤岡の前へ高いバウンドで転がった。懸命に打球を処理した藤岡だったが、打球を捕球できずに内野安打となった。

 藤岡が処理できなかった打球は遊撃後方にコロコロと転がった。二塁手の中村奨が打球を追い、二塁上がガラ空きに。牧原が一気に二塁を狙って陥れた。藤岡は打球に触れておらず、記録は内野安打でエラーも付かず。世にも珍しい「遊撃前ツーベース」となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」