野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井上まさか… 送球落球のタイムリーエラーで鷹が試合を振り出しに戻す

ソフトバンクが試合を振り出しに戻した。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。2点ビハインドで迎えた6回にロッテ守備陣のミスなどで同点に追いついた。

同点のホームを踏んだソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】
同点のホームを踏んだソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】

併殺かと思われた送球を井上が落球、美馬は思わず天仰ぐ

■ソフトバンク – ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクが試合を振り出しに戻した。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。2点ビハインドで迎えた6回にロッテ守備陣のミスなどで同点に追いついた。

 6回先頭の柳田、続くグラシアルの連打、栗原の犠打で1死二、三塁のチャンスを作ると、ロッテベンチは好投していた美馬から東條に継投。デスパイネが右腕から遊撃への適時内野安打を放ち、まず1点差とした。

 ロッテはさらにここで唐川に継投。牧原は二ゴロに倒れ、デスパイネがタッチアウト、中村奨が一塁へと送球。併殺かと思われたが、一塁の井上がまさかの落球。この間に三塁走者のグラシアルがヘッドスライディングで本塁へと生還して同点に追いついた。リードを守って降板した美馬はベンチで首を振り、思わず天を仰ぐ同点劇だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」