野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク、4年連続日本Sへ王手! 甲斐の決勝打でロッテに逆転勝ち

ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。序盤にビハインドを背負う展開となったが、同点に追いつくと、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。

日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンクナイン【写真:荒川祐史】
日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンクナイン【写真:荒川祐史】

ロッテは井上の痛恨のエラーで流れを手放す

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。序盤にビハインドを背負う展開となったが、同点に追いつくと、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。ホークスは昨年からポストシーズン11連勝となった。

 先制したのはロッテだった。2回2死から中村奨が中前安打で出塁すると、安田が右翼ホームランテラス席に飛び込む2ラン。2位からの下克上を狙うロッテが欲しかった先制点を掴んだ。

 ソフトバンクは4回、主砲の柳田がバックスクリーン左まで運ぶソロ本塁打を放ち1点差に。先発の千賀が5回に荻野に適時打を浴びて再び2点差とされたが、6回にデスパイネの適時内野安打で1点差とし、相手一塁手・井上のタイムリーエラーで同点に追いついた。

 決勝点は8回に生まれた。ソフトバンクは先頭のグラシアルが澤村から四球を選び出塁。2死となってから牧原が四球、松田宣が左前安打で繋ぎ満塁とすると、甲斐が遊撃への適時内野安打。魂のヘッドスライディングで飛び込み、ついにリードを奪った。このリードを守護神の森が守り抜いて大事な第1戦をモノにした。

 リーグ優勝ですでに1勝のアドバンテージを持っているソフトバンクはこれで2勝0敗に。15日の第2戦で勝つか、引き分けでも4年連続の日本シリーズ進出が決まる。

 ロッテは痛恨の逆転負け。安田の2ラン、荻野の適時打でリードを奪ったが、6回の継投が裏目に。東條がデスパイネに適時打を浴びると、牧原の二ゴロで一塁の井上が送球を落球。これで同点に追いつかれると、8回に澤村が決勝点を奪われた。ロッテは0勝2敗となり、崖っぷちに追い込まれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」