野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ澤村、自己最速タイ159キロも勝ち越し許す 甲斐が執念のヘッドスライディング

ロッテの澤村拓一投手が14日、敵地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦の8回に登板。自己最速タイとなる159キロをマークしたが甲斐にタイムリー内野安打を浴び勝ち越しを許した。

5番手で登板したロッテ・澤村拓一【写真:荒川祐史】
5番手で登板したロッテ・澤村拓一【写真:荒川祐史】

3-3の同点で迎えた8回に登板、2死満塁のピンチを背負い甲斐にタイムリー内野安打を浴びる

■ソフトバンク – ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテの澤村拓一投手が14日、敵地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦の8回に登板。自己最速タイとなる159キロをマークしたが甲斐にタイムリー内野安打を浴び勝ち越しを許した。

 澤村は3-3の同点で迎えた8回に5番手としてマウンドに上がった。先頭のグラシアルに四球を許したが5球目の直球が自己最速タイとなる159キロをマーク。

 犠打と中直で2死を奪ったが牧原に四球、松田宣に左前打を浴び満塁のピンチ。ここで甲斐と対峙したが打球は高く跳ね遊撃へ転がると一塁へ執念のヘッドスライディング。タイムリー内野安打となり勝ち越しを許した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」