野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4年連続日本S進出王手の鷹・工藤監督、決勝打の甲斐を称賛「執念のヒット」

ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦に逆転勝ち。同点の8回2死満塁で甲斐が執念の適時内野安打を放ち、これが決勝点に。試合後の工藤公康監督も「執念のヒット。彼の中でなんとかしたいというのがあったと思う。ヒットはヒット。よく打ったと思います」と称えた。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

第2戦に勝つか引き分けで突破決定「一戦必勝で臨みたい」

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦に逆転勝ち。同点の8回2死満塁で甲斐が執念の適時内野安打を放ち、これが決勝点に。試合後の工藤公康監督も「執念のヒット。彼の中でなんとかしたいというのがあったと思う。ヒットはヒット。よく打ったと思います」と称えた。

 2点を先行されたソフトバンクは4回、主砲の柳田がバックスクリーン左まで運ぶソロ本塁打を放ち1点差に。その後、再び2点差とされたが、6回にデスパイネの適時内野安打で1点差に迫り、相手一塁手の井上が送球を落とすタイムリーエラーで同点に追いついた。

 そして、8回、先頭のグラシアルが澤村から四球を選び出塁。2死となってから牧原が四球、松田宣が左前安打で繋ぎ満塁とすると、甲斐が遊撃への適時内野安打。魂のヘッドスライディングで飛び込んでリードを奪った。9回は守護神の森が締めて逆転勝ち。1勝のアドバンテージを含めて2勝0敗として、日本シリーズ進出に王手をかけた。

 15日の第2戦に勝つか、引き分けで4年連続の日本シリーズ進出が決まる。指揮官は「一戦必勝で臨みたい。1つになって、集中して勝てるように頑張っていきたい」と語り、2連勝での突破へ意気込んでいた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」