野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4年連続日本S進出へ王手の鷹 逆転勝ちを呼び込んだ「影のヒーロー」とは?

ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦に逆転勝ちし、4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。序盤にビハインドを背負う展開となったが、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪い、逆転勝ちした。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】

5番で起用された栗原は無安打ながら得点に繋がる犠打を2度決める

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦に逆転勝ちし、4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。序盤にビハインドを背負う展開となったが、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪い、逆転勝ちした。

 この試合でヒーローとなったのは決勝打を放った甲斐だった。味方が繋いだ8回2死満塁のチャンスで遊撃へ適時内野安打。決勝点を叩き出して試合後のお立ち台にも上がった。見事な逆転勝ちだったこの試合で「影のヒーロー」として注目したいのが、5番に入った栗原陵矢だ。

 この日の栗原は初回1死満塁の大チャンスで遊ゴロ併殺打に終わるなど、ノーヒット。それでも、きっちりと勝利に貢献する大きな働きを果たした。

 まず6回だ。柳田、グラシアルの連打で無死一、二塁の場面で打席へ。初球でキッチリと送りバントを決めて、1死二、三塁へとチャンスを広げた。その後、デスパイネの適時内野安打やロッテ守備陣のミスで試合を振り出しに戻した。この前の回に甲斐が犠打に失敗していただけに、流れを呼び戻す大きな犠打だった。

 そして8回、先頭のグラシアルが四球で出塁すると、再び栗原は送りバント。これも一発でキッチリと決めて走者を進め、このあと、甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。決めた2つの犠打がともに得点に結びついた。目立たないが、この日の大きなポイントだった。

 試合後、工藤公康監督は「プレッシャーがかかる中でね。彼はバントでアレ? というのはないので、間に入れてというのをコーチも考えてくれて、僕も間にいると、走者が溜まった時にはバントで次のデスパイネと考えていた。良かったと思います」と語り、グラシアルとデスパイネの間に挟む形で栗原を置く1つの狙いを語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」