野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス前コーチも「嘘だ!」と驚愕 CSでも健在だった柳田“変態弾”の価値

ソフトバンクは14日、本拠地で行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦を4-3で逆転勝利。柳田悠岐外野手が4回にソロアーチを放つなど4打数3安打1打点と活躍した。かつてヤクルトで名外野手として鳴らし、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めた飯田哲也氏は「ギータにしか打てないホームランだった」と驚愕し、短期決戦でもキーマンになると見ている。

ソロ本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
ソロ本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

「ズルズルと行きかねない中でムードを盛り上げた」

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【動画】ホークス前コーチも「嘘だ!」と驚愕 ソフトバンク柳田悠岐が放った“カチ上げ変態弾”の映像

 ソフトバンクは14日、本拠地で行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦を4-3で逆転勝利。柳田悠岐外野手が4回にソロアーチを放つなど4打数3安打1打点と活躍した。かつてヤクルトで名外野手として鳴らし、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めた飯田哲也氏は「ギータにしか打てないホームランだった」と驚愕し、短期決戦でもキーマンになると見ている。

 2点ビハインドで迎えた4回。先頭の柳田はカウント0-2から、ロッテ先発・美馬が投じた内角低めのボール気味のスライダーをすくい上げ、バックスクリーン左の中堅席へ放り込んだ。ギータの“変態打ち”に、例によって両軍ナインもファンも唖然。飯田氏も、打球がスタンドに弾んだ瞬間、「ウソだ! こんなに飛んでるの!?」と思わず叫んだ1人だった。

「どれだけ体勢を崩されても、芯にさえ当たればホームランになってしまう。ギータのパワー、技術の成せる技です。彼以外の選手にあんな打ち方はできない。投球に対する反射神経が凄い」と驚きあきれるばかりの飯田氏。「ロッテに2点を先行され、美馬には今季1勝5敗、対戦防御率2.70と大の苦手にしていた。ズルズル行きかねない中で、チームのムードを盛り上げる効果があった」と指摘した。

 ちなみに、今季美馬に抑え込まれたソフトバンクにあって、柳田だけは、本塁打こそ打てていなかったものの、22打数8安打、対戦打率.364と苦にしていなかった。

 6回にも、2点を追って先頭で打席に入り、中前打で出塁。これがこの回同点に追いつく口火となった。初回の左前打と合わせて3安打。レギュラーシーズンで打率.342(リーグ2位)、29本塁打(同3位)、86打点(同3位)をマークした打棒に、陰りは一切見られない。

「ホームランだけでなく、ヒットでチャンスメークもする。ロッテとしては、最も警戒していたはずなのに、いきなり3安打ですからショックは大きいでしょう」と飯田氏。短期決戦でも主役の座を持っていくのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」