野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

満塁で無得点、バント失敗…元コーチが解説するミス連発のソフトバンクが勝てた理由

勝って当然――の重圧だったのか。ソフトバンクは劣勢を跳ねのけ、4-3でロッテに逆転勝利を飾った。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。ソフトバンクは4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。序盤にビハインドを背負う展開でかつミスも多く出た。昨季までソフトバンクコーチで、ヤクルトでも活躍した飯田哲也氏は「なんでこれで勝てたんだろうと思う人もいると思いますが、要所要所でポイントはあった」と分析する。

日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンクナイン【写真:荒川祐史】
日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンクナイン【写真:荒川祐史】

昨季までホークスコーチでヤクルトでも活躍した飯田哲也氏が解説

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 勝って当然――の重圧だったのか。ソフトバンクは劣勢を跳ねのけ、4-3でロッテに逆転勝利を飾った。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。ソフトバンクは4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。序盤にビハインドを背負う展開でかつミスも多く出た。昨季までソフトバンクコーチで、ヤクルトでも活躍した飯田哲也氏は「なんでこれで勝てたんだろうと思う人もいると思いますが、要所要所でポイントはあった」と分析する。

 ソフトバンクは初回、1死から中村、柳田、グラシアルの3連打で満塁の好機を作ったが、栗原が併殺打に倒れた。5回無死一、二塁からは甲斐がバントを失敗するなど、無得点。点が取れそうで、取れない。ロッテ先発・美馬に粘られた。飯田氏は試合前に「短期決戦はしっかりバントを決めないといけないし、取れるところでとっておかないといけない」と何度もヤクルト時代に出場してきた日本シリーズを例に出し、力説していたほど。ここまでは完全にロッテの流れだった。

 しかし、6回のロッテの継投で潮目が代わり、相手の守備のミスが絡んで同点に。8回はロッテ澤村の四球などから2死満塁として、甲斐の遊撃内野安打でなんとか勝ち越した。お互いにミスがいくつも出た試合で、最後に勝利の女神が微笑んだのはホークスの方だった。

「先制もされて、バントのミス、ゲッツーとずるずるいってしまうような流れでも底力を見えた。ホークスの強さがありました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」