野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

絶好機でバント失敗、8回に決勝打 鷹・甲斐が土壇場で示した“意地”

ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。序盤にビハインドを背負う展開となったが、同点に追いつくと、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。

魂のヘッドスライディングで決勝の適時内野安打としたソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
魂のヘッドスライディングで決勝の適時内野安打としたソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

「当てて何か事を起こそうと思いました」

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。序盤にビハインドを背負う展開となったが、同点に追いつくと、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。

 執念のゴロが転がった。8回、2死満塁のチャンスで打席に立った甲斐。「どうやって打とう、ではなく気持ちでした。ボールをしっかり見て、当てて何か事を起こそうと思いました」。澤村の152キロのスプリットをバットに当てると、ボテボテの遊ゴロに。「打球は見てないです。全力で走りました」。頭から突っ込み、魂のヘッドスライディングで1点をもぎ取った。

 汚名を返上する一打でもあった。2点ビハインドの5回だ。先頭の牧原が遊撃二塁打で出塁、松田宣が四球で続き、無死一、二塁のチャンスで打席に立った。だが、甲斐は送りバントに失敗。スリーバントを試みたが、決められずに走者を進められなかった。

「自分のやるべきことができなかった」と思わずを天を仰いだが、そこは難しい捕手というポジション。「試合は続いている。バントを失敗したからといって引きずってキャッチャーにいくと、それが投手には伝わってしまう」。気持ちを切り替えてマスクを被り、そして、再び巡ってきた好機では「なんとかしたい」と決勝打に繋げた。

 工藤公康監督もこの“ナニクソ魂”を高く評価する。バント失敗を責めることはなく「意地でも、なんとしてでもというのが大事かなと思います。失敗は誰にでもある。それをどう取り戻すか。悔しい思いをして、それを取り返そうとすることが大事。“自作自演”とは言わないまでも、よく打ったなと思います」と称えた。

 仲間の声も甲斐の背中を押した。「(川島)慶三さんの声とか、ずっと聞こえていて、良い仲間、良い先輩方がいる。自分のために声を出してくれる。それがこのチームのいいところ」。仲間のためになんとかしたい。その思いも乗り移った一打だった。

 アドバンテージの1勝を含めて2勝0敗とし、4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンク。甲斐は「打たれましたけど、粘り強く千賀が投げた結果だと思う。3点は取られましたけど、折れることなく投げたおかげだと思います。気持ちのこもったボールを投げてくれていた」と、先発した千賀を労うことも忘れなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」