野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

崖っぷちのロッテが先制! 4番復帰の安田尚憲が2試合連続の先制打

崖っぷちに追い込まれたロッテが2試合続けて先制点を奪った。15日に行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初回に4番に復帰した安田尚憲内野手が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、ロッテが2点を先制した。

先制二塁打を放ったロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】
先制二塁打を放ったロッテ・安田尚憲【写真:荒川祐史】

初回1死二、三塁のチャンスで左中間を破る適時二塁打

■ソフトバンク – ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 崖っぷちに追い込まれたロッテが2試合続けて先制点を奪った。15日に行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初回に4番に復帰した安田尚憲内野手が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、ロッテが2点を先制した。

 立ち上がりが定まらない東浜をロッテ打線が捕まえた。初回先頭の荻野がいきなり初球を左前に弾き返して出塁。続く藤原が四球を選んで繋ぐと、清田の投ゴロで走者がそれぞれ進塁。1死二、三塁とした。

 このチャンスで打席に入った安田は1ボールからの2球目、真ん中に入ってきたシンカーを弾き返し、打球は左中間を破った。2人の走者が生還して、幸先よくロッテが2点を先制した。安田は第1戦でも先制の2ランを放っており、2試合続けての先制打となった。

 ロッテはさらに菅野の四球、中村奨の死球で1死満塁とチャンスを拡大すると、福田秀の併殺崩れの間に3点目を奪った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」