野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS敗退もロッテが得た来季への収穫 安田&藤原の活躍に「化物になる予感しかない」

ロッテは15日、敵地で行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でソフトバンクに4-6で敗れCS敗退が決まった。連日の逆転負けでレギュラーシーズンのリベンジとはならなかったが、期待の若手が大舞台で躍動し来季に向け大きな経験を積んだ。

ロッテ・藤原恭大(左)と安田尚憲【写真:荒川祐史】
ロッテ・藤原恭大(左)と安田尚憲【写真:荒川祐史】

第2戦で4番を務めた安田が2試合で計4打点、藤原は第2戦目で猛打賞をマーク

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは15日、敵地で行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦でソフトバンクに4-6で敗れCS敗退が決まった。連日の逆転負けでレギュラーシーズンのリベンジとはならなかったが、期待の若手が大舞台で躍動し来季に向け大きな経験を積んだ。

 マーティン、レアードを欠く打線でチャンスをものにしたのは将来のスター候補だ。第2戦で4番も務めた安田が2試合で9打数4安打1本塁打、4打点と活躍すると、2年目の藤原も初戦こそ無安打に終わったが2戦目は4打数3安打1盗塁とブレークの兆しを見せた。

 ロッテの将来を担う2人の若武者の活躍を「パーソル パ・リーグTV」も「Mの未来を担う二人が『大舞台で揃って猛打賞』」とのタイトルで動画を公開。王者ソフトバンクを相手に力を発揮した安田と藤原にファンも「来シーズンも期待しかない」「この2人に救われた」「化物になる予感しかない」「スターの香り」「未来のロッテを頼んだ」と大きな期待を込めていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」