野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「握り変えが異次元」 鷹甲斐の2度目は許さない“リベンジキャノン”にファン絶賛

ソフトバンクは15日、ロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦を6-4で逆転勝利し日本シリーズ進出を決めた。試合の流れを呼び寄せたのは正捕手・甲斐の“リベンジキャノン”だった。

ソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・甲斐拓也【画像:パーソル パ・リーグTV】

ロッテ藤原に1度は二盗を許すも、4回1死一、三塁のピンチでは二盗を阻止

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは15日、ロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦を6-4で逆転勝利し日本シリーズ進出を決めた。試合の流れを呼び寄せたのは正捕手・甲斐の“リベンジキャノン”だった。

 1点ビハインドで迎えた4回の守備。1死から東浜が荻野に左前安打、藤原に右前安打を許して1死一、三塁とされた。続く清田の打席で5球目に藤原がスタート。甲斐は素早いステップから矢のような送球を二塁へ送り見事アウトを奪った。

 この日の2回には藤原に二盗を許していただけに2度目は許さなかった。絶体絶命のピンチを防ぐとその裏に打線が3点を奪い逆転に成功。甲斐の“リベンジキャノン”が一気に流れを掴むきっかけとなった。

 パ・リーグ頂上決戦で繰り広げられた名勝負を「パーソル パ・リーグTV」も「【ヤラレっぱなし】甲斐キャノンvs藤原恭大の足【許しません】」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「握り変えが異次元」「これ大きかった」「また記録作るのか」「2回目は許さない」と大興奮だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」