野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクの強さはどこにある? CS第2戦で見えた“凡事徹底”の重要性

ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出を決めた。15日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。中村晃外野手の2打席連続2ランで試合をひっくり返し、2連勝でCS突破を決めた。21日からの日本シリーズでは2年続けて巨人と日本一の座をかけて戦うことになる。

日本S進出を決めたソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
日本S進出を決めたソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

王会長の語った「何をしないといけないか、どうあるべきなのか、を分かっている」

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出を決めた。15日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。中村晃外野手の2打席連続2ランで試合をひっくり返し、2連勝でCS突破を決めた。21日からの日本シリーズでは2年続けて巨人と日本一の座をかけて戦うことになる。

 ポストシーズン12連勝。改めてソフトバンクの強さが現れたクライマックスシリーズだった。レギュラーシーズンで苦戦を強いられたロッテに2試合続けて逆転勝ち。2試合ともに接戦を制する形となったが、終わってみれば、ソフトバンクは強かったと唸るほかないだろう。

 レギュラーシーズンでチーム防御率2点台を叩き出した強力な投手陣と、球界最高の打者である柳田悠岐がグラシアルらを擁する野手陣。もちろん、その選手層の厚さは目を見張る。ただ、ソフトバンクが強いのは、そこだけに理由があるわけではない。

 2連勝での突破を決めた試合後、王貞治会長はこう語っていた。「地力の差、力があるなと感じました。選手たちが戦い方を知っている。何をしないといけないか、どうあるべきなのか、を分かっている」。まさにこの言葉にソフトバンクの強さがあると言えるだろう。

 この日の試合を振り返ろう。もちろん、ヒーローは2本塁打を放った中村晃だ。だが、これ以外にも見逃せないシーンは多々あった。例えば2回の守備。2死二塁の場面で清田が放った打球は二遊間に飛んだ。この打球を二塁の川島慶三が横っ飛びでキャッチ。すぐさま立ち上がり、三塁に進んだ走者の藤原を牽制した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」