野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ボールよ、飛んでくるな」…江夏の21球の裏にあった広島OB高橋慶彦の揺れ動いた心

今も伝説として語られる「江夏の21球」。1979年の日本シリーズ、広島-近鉄戦。3勝3敗で迎えた第7戦は、両チームにとって初の日本一のかかった一戦だった。9回裏、1点リードの広島が、無死満塁の逆転サヨナラのピンチを江夏豊氏が振り切った。その時、遊撃を守っていた広島の名遊撃手、当時22歳の高橋慶彦氏は自分のところにボールが「飛んで来ないで欲しい」と心から願いながら、最後の21球目を見つめていた。

広島などで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】
広島などで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】

1979年、語り継がれる広島-近鉄の日本シリーズ、当時22歳の高橋氏は緊張

 今も伝説として語られる「江夏の21球」。1979年の日本シリーズ、広島-近鉄戦。3勝3敗で迎えた第7戦は、両チームにとって初の日本一のかかった一戦だった。9回裏、1点リードの広島が、無死満塁の逆転サヨナラのピンチを江夏豊氏が振り切った。その時、遊撃を守っていた広島の名遊撃手、当時22歳の高橋慶彦氏は自分のところにボールが「飛んで来ないで欲しい」と心から願いながら、最後の21球目を見つめていた。

 試合は4-3の9回裏。江夏氏は近鉄の6番・羽田耕一氏に中前安打。代走の藤瀬史朗氏に盗塁を許した。際どいタイミングだったが、広島・水沼四郎捕手の二塁への送球は悪送球になった。遊撃の高橋氏は捕球することができず、ボールはセンターに抜けていった。

 続く、アーノルド氏が四球。代走の吹石徳一氏が盗塁を決め、無死二、三塁。満塁策を取ることにした広島・古葉竹識監督はブルペンで後続の投手の準備をさせた。内野陣はマウンドに集まった。

「二、三塁の時はまだびびってなかったけど、満塁になった時点でもう『俺のところに飛んでくるな』と思った。打たせた江夏さんが悪いよと思うようにしたし、ボールが飛んできたら、エラーすると思っていたよ」

 伏線があった。この年のシーズンの優勝が決定した阪神戦。高橋氏は江夏氏の登板中に2失策していた。まだ若く、先輩たちの中で野球をやっていたとあり、緊張で固まっていたという。その試合で江夏氏は見事に切り抜け、エラーを帳消しにしてくれたが……。さらに緊張する、比べものにならないくらいの場面がやってきた。

 阪神戦でマウンドに集まった時、江夏氏からかけられた言葉が耳に残っている。

「江夏さんから『お前が緊張したら俺まで緊張するだろう』って言われたんだ」

 優しくフォローしてくれた。その後は無事に優勝を決めたが、当時2位とのゲーム差は6も開いていたため、優勝するのが既定路線ではあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」