野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

表彰はされないけど… タイトルにはならない「攻守10部門」で見る貢献【セ編】

セ・リーグは14日に今季のレギュラーシーズン全日程を終了した。個人タイトルの投打12部門のうち、リーグ連覇の巨人と8年ぶりAクラスの中日がそれぞれ4冠を獲得。チーム状況を反映した形となった。では、タイトルとして表彰はされない各部門の“隠れタイトル”はどうなっているのか。振り返ってみたい。

巨人・丸佳浩、ヤクルト・村上宗隆、広島・堂林翔太【写真:荒川祐史】
巨人・丸佳浩、ヤクルト・村上宗隆、広島・堂林翔太【写真:荒川祐史】

個人タイトルは巨人と中日がそれぞれ4冠を獲得

 セ・リーグは14日に今季のレギュラーシーズン全日程を終了した。個人タイトルの投打12部門のうち、リーグ連覇の巨人と8年ぶりAクラスの中日がそれぞれ4冠を獲得。チーム状況を反映した形となった。では、タイトルとして表彰はされない各部門の“隠れタイトル”はどうなっているのか。振り返ってみたい。

【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇

【二塁打】
1 巨人 丸佳浩 31本
2 ヤクルト 青木宣親 30本
2 ヤクルト 村上宗隆 30本

【三塁打】
1 中日 京田陽太 7本
2 阪神 近本光司 5本
2 阪神 大山悠輔 5本
2 巨人 松原聖弥 5本
2 広島 田中広輔 5本

【塁打】
1 ヤクルト 村上宗隆 248
2 巨人 岡本和真 240
3 阪神 大山悠輔 237

 二塁打では、今季最高出塁率のタイトルを獲得したヤクルトの村上が、同僚の青木と並んで2位タイに。三塁打では中日の京田、阪神の近本と俊足が続く中、阪神の4番・大山が5本と健闘。さらに今季台頭した巨人の松原も名を連ねた。塁打は、本塁打王&打点王のタイトルを争った若き大砲3人が上位を占めた。

【三振】
1 ヤクルト 村上宗隆 115
2 阪神 ジェリー・サンズ 106
3 DeNA ネフタリ・ソト 103

【四球】
1 ヤクルト 村上宗隆 87
2 広島 鈴木誠也 72
3 巨人 丸佳浩 63

【死球】
1 広島 會澤翼 11
2 広島 鈴木誠也 9
2 ヤクルト アルシデス・エスコバー 9
2 中日 ダヤン・ビシエド 9

 ヤクルトの村上が三振、四球数でともにリーグトップに。出塁率が高い反面、積極的にスイングに行った結果、三振も多かった。死球数トップは広島の會澤の11個。8月には頭部死球に見舞われるアクシデントもあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」