野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ入りからわずか3年でドラ1の3人が戦力外に…2017年ドラフト組の現在地

ソフトバンクは18日、2017年ドラフト1位の吉住晴斗投手と育成選手の田城飛翔外野手に対して来季の契約を結ばない旨を通告したと発表した。吉住はわずか高卒3年目での通告となり、球団は育成選手としての再契約を打診した。

楽天から戦力外となった近藤弘樹(左)とソフトバンクから戦力外となった吉住晴斗【写真:荒川祐史、福谷佑介】
楽天から戦力外となった近藤弘樹(左)とソフトバンクから戦力外となった吉住晴斗【写真:荒川祐史、福谷佑介】

吉住、楽天の近藤は戦力外、巨人の鍬原は自由契約に

 ソフトバンクは18日、2017年ドラフト1位の吉住晴斗投手と育成選手の田城飛翔外野手に対して来季の契約を結ばない旨を通告したと発表した。吉住はわずか高卒3年目での通告となり、球団は育成選手としての再契約を打診した。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

 吉住は2017年のドラフト1位。この年、ソフトバンクは清宮幸太郎内野手にまず入札して抽選で外し、安田尚憲内野手、馬場皐輔投手でも競合して抽選で外した末のドラフト1位指名だった。最速151キロを誇る将来性豊かな投手として期待されたが、3年目の今季は2軍戦での登板もなかった。

 この年のドラフトでは、楽天で1位指名された近藤弘樹投手もこのオフ、戦力外通告を受けた。また、巨人の同年ドラ1鍬原拓也投手も怪我のために自由契約となり、育成選手として再契約する見込み。プロ入りからわずか3年で3人ものドラ1投手が戦力外、自由契約という異例の事態となっている。

 ヤクルトの村上宗隆内野手が球界屈指のスラッガーに成長し、ロッテの安田尚憲内野手もチームで4番を務めるなど頭角を現す。一方で日本ハムの清宮幸太郎内野手は伸び悩み、ここまでは期待に応えられていない。

 2位以下ではソフトバンクの高橋礼投手や西武の平良海馬投手、巨人の大城卓三捕手、阪神の高橋遥人投手らは1軍の主力に定着。広島の遠藤淳志投手もローテの一角として今季活躍した。

 また、ソフトバンクでは育成ドラフトで入団した尾形崇斗投手、周東佑京内野手、リチャード内野手、大竹耕太郎投手、渡邉雄大投手と6人中5人が支配下に昇格。周東に至ってはレギュラーの座を手にし、育成出身者初の盗塁王のタイトルを獲得した。

 ドラフト1位でプロ入りした3人が戦力外、自由契約となる一方で、育成出身者がタイトルホルダーに。プロに入れば順位は関係ないとは良く言うが、まさにこの世代では同期で明暗が分かれる形となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」