野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

表彰はされないけど… タイトルにはならない「攻守10部門」で見る貢献【パ編】

パ・リーグは9日に今季のレギュラーシーズン全日程を終了した。個人タイトルの投打12部門のうち、3年ぶりのリーグ優勝を飾ったソフトバンクが実に7冠を獲得。チーム状況を反映した形となった。では、タイトルとして表彰はされない各部門の“隠れタイトル”はどうなっているのか。振り返ってみたい。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ、ソフトバンク・周東、ロッテのレオネス・マーティン(左から)【写真:荒川祐史】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ、ソフトバンク・周東、ロッテのレオネス・マーティン(左から)【写真:荒川祐史】

西武・スパンジェンバーグは三塁打リーグトップ、三振数もワースト

 パ・リーグは9日に今季のレギュラーシーズン全日程を終了した。個人タイトルの投打12部門のうち、3年ぶりのリーグ優勝を飾ったソフトバンクが実に7冠を獲得。チーム状況を反映した形となった。では、タイトルとして表彰はされない各部門の“隠れタイトル”はどうなっているのか。振り返ってみたい。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【二塁打】
1 日本ハム 近藤健介 31本
2 楽天 鈴木大地 27本
3 西武 コーリー・スパンジェンバーグ 26本

【三塁打】
1 西武 コーリー・スパンジェンバーグ 8本
2 ソフトバンク 周東佑京 7本
3 ソフトバンク 柳田悠岐  5本

【塁打】
1 ソフトバンク 柳田悠岐 266
2 楽天 浅村栄斗 242
3 日本ハム 中田翔 216

 三塁打では、初の盗塁王を獲得したソフトバンクの周東を抑え、西武のスパンジェンバーグが8本でリーグトップに。二塁打でも3位に入った。塁打では、今季最多安打のタイトルを獲得したソフトバンクの柳田が1位だった。

【三振】
1 西武 コーリー・スパンジェンバーグ 150
2 楽天 浅村栄斗 111
3 日本ハム 中田翔 109 

【四球】
1 日本ハム 西川遥輝 92
2 楽天 浅村栄斗 91
3 日本ハム 近藤健介 89 

【死球】
1 レオネス・マーティン 17
2 西武 山川穂高 13
3 オリックス 吉田正尚 8

 三振は、西武のスパンジェンバーグが150個でワースト。楽天の浅村は111個で2番目に多かった一方、四球でもリーグ2位の91個だった。2年連続で最高出塁率を獲得した日本ハムの近藤は、四球数で3位に入った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」