野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神の失策数、中日の低出塁率…リーグワースト成績から見える各球団の課題は?

ペナントレースも終わり、2020年のプロ野球も残すところ21日からの日本シリーズのみに。今季、各球団の課題、弱点となったのはどこの部分だったのだろうか。

阪神・矢野燿大監督(左)と中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野燿大監督(左)と中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

チーム打率はヤクルトが最下位だが、得点や出塁率、四球は中日がワースト

 ペナントレースも終わり、2020年のプロ野球も残すところ21日からの日本シリーズのみに。今季、各球団の課題、弱点となったのはどこの部分だったのだろうか。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ここでは各球団のチーム成績の中でも、リーグワーストだったものをピックアップ。そこから来季、それぞれの球団が解消しなければならないポイントを探ってみたい。今回はセ・リーグ編だ。

【打撃成績】
打率:ヤクルト(.242)
得点:中日(429点)
出塁率:中日(.317)
本塁打:中日(70本)
四球:中日(346個)
盗塁:DeNA(31個)
盗塁刺:ヤクルト(42個)
三振:巨人(974個)
併殺打:中日(101個)

 チーム打率は最下位に沈んだヤクルトが最低だったものの、8年ぶりにAクラスに入った中日が得点、出塁率など複数の項目でリーグ最低だった。広いナゴヤドームを本拠地とすることから本塁打数が少なくなるのは仕方ないが、それであれば、四球数を増やして出塁率を高めなければ、得点は増えていかないだろう。

 盗塁数のワーストはDeNAの31個で、これは1位だった巨人と阪神の80個の半数以下。ソト、ロペス、オースティンと助っ人3人が並ぶ重量打線だけに機動力は落ちるが、それでも、もう少し走れる選手を増やしたいところか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」