野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・今村、2回途中4失点炎上KO、2番手にまた戸郷 鷹は甲斐のソロでリード4点に

ソフトバンクが大きな追加点を奪った。22日の「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。初回に3点を先制したソフトバンクは2回に甲斐拓也捕手が左中間へのソロ本塁打を放って2回でリードを4点に広げた。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

巨人の今村は1回2/3でノックアウトされる

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが大きな追加点を奪った。22日の「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。初回に3点を先制したソフトバンクは2回に甲斐拓也捕手が左中間へのソロ本塁打を放って2回でリードを4点に広げた。

 強烈な一発が飛び出した。3点を幸先よくリードして迎えた2回。1死で打席に入った甲斐が快音を響かせた。痛烈な打球が飛ぶと、打球は左中間へ。リードを広げるソロ本塁打となった。

 続く周東は一ゴロに倒れたが、ここで巨人先発の今村は降板。今村は1回2/3を投げて4安打4失点でノックアウト。2番手には前日も登板していた戸郷がマウンドへ上がった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」