野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島ドラ1、トヨタ自動車・栗林が13Kも一発に泣く「自分のせい、悔いしかない」

22日に東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会1日目で、第2試合に登場したトヨタ自動車がセガサミーに0-2の完封負け。今秋のドラフト会議で広島から1位で指名された社会人ナンバーワン右腕・栗林良吏投手が7回13奪三振2失点の力投を見せたが、打線が4安打無得点とエースを援護できなかった。

先発したトヨタ自動車・栗林良吏【写真:鳥越涼芳】
先発したトヨタ自動車・栗林良吏【写真:鳥越涼芳】

都市対抗開幕日は昨年の覇者JFE東日本、準Vのトヨタ自動車が敗れる

 22日に東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会1日目で、第2試合に登場したトヨタ自動車がセガサミーに0-2の完封負け。今秋のドラフト会議で広島から1位で指名された社会人ナンバーワン右腕・栗林良吏投手が7回13奪三振2失点の力投を見せたが、打線が4安打無得点とエースを援護できなかった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 栗林は2回に北阪に右中間への先制2ランを浴びたものの、毎回三振を奪う快投を見せ7回2失点と試合を作り降板。しかし、打線がセガサミーの投手陣の前に3安打と沈黙。援護に恵まれなかった。

 150キロ近い直球をコーナーに正確に投げ込み、追いこんでからは鋭く落ちるフォークで空振りを誘った。途中6者連続三振を奪うなど、7回までに奪った三振は13個。それでも、「自分の持ち味であるストレートはある程度コントロールできたが、去年と一緒で一発を打たれてしまった。自分のせいで負けた。悔いしかない」と唇を噛んだ。

 予選で圧倒的な強さを誇りながらも初戦で敗退したトヨタ自動車。藤原航平監督は「予選は予選。初戦の入りを一番大事に考えてやってきたつもりだったが、相手が上だった」と悔しがった。

 都市対抗開幕日は昨年の覇者・JFE東日本、決勝を戦った準Vのトヨタ自動車が揃って初戦で姿を消した。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」