野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人を圧倒した2連勝 ソフトバンクにとって大きかった“3つのポイント”

ソフトバンクが2連勝で4年連続の日本一に大きく前進した。22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。序盤から打線が爆発して圧巻の13得点。シリーズ成績を2勝0敗とし、2018年の第3戦からの連勝記録を更新する日本シリーズ10連勝となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】

1つ目のポイントは初回の猛攻「1番大きかった」

■ソフトバンク 13-2 巨人(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクが2連勝で4年連続の日本一に大きく前進した。22日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第2戦。序盤から打線が爆発して圧巻の13得点。シリーズ成績を2勝0敗とし、2018年の第3戦からの連勝記録を更新する日本シリーズ10連勝となった。

 力の差を見せつけるかのような圧勝だった。巨人の出てくる投手、出てくる投手を打線が餌食にした。打ちも打ったり13安打15得点。圧勝だったが、この日の試合では今後のシリーズの行方も左右する3つの“勝負のポイント”が見えた。

 その1つが初回の猛攻だ。柳田が中堅の頭上を超える適時二塁打を放って先制すると、グラシアルの内野安打で二塁の吉川尚が悪送球して1点を追加。さらにデスパイネの三ゴロの間にも加点し、初回だけで3点を奪った。工藤公康監督は「1番大きかったのは初回に点を取れたこと。繋がりがあって大きかったと思います」と振り返る。

 この初回の攻撃で勢いづくと、2回には甲斐が育成出身者としてシリーズ初となる本塁打を放って1点を追加。さらに3回にはグラシアルが2ランを放ち、序盤で6点のリードを奪った。

 2つ目のポイントは5点リードで迎えた6回の守りだ。5回に先発の石川がウィーラーに2ランを被弾。この回は1死から坂本、岡本に連打を許して1死一、二塁とされた。ここで工藤監督は好投していた石川からリリーフ陣への継投策を選択。丸に対して“左キラー”の嘉弥真を送り、狙い通りに空振り三振に仕留めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」