野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天一筋15年・青山浩二が引退会見「スライダーが曲がらなくなったのが理由の1つ」

楽天一筋15年、37歳で今季限りでの現役引退を表明していた青山浩二投手が23日、オンラインで会見を行った。昨年に楽天生え抜きでは初の通算600試合登板を達成した右腕は「後輩たちには長く現役をやってほしい。僕の記録を抜けるものなら抜いてみろ、と言いたい」とチームにエールを送った。

引退会見に臨んだ楽天・青山浩二【写真提供:楽天野球団】
引退会見に臨んだ楽天・青山浩二【写真提供:楽天野球団】

抑え転向打診に戸惑うも星野仙一氏から「稼ぎたくないのか!?」と一喝された

 楽天一筋15年、37歳で今季限りでの現役引退を表明していた青山浩二投手が23日、オンラインで会見を行った。昨年に楽天生え抜きでは初の通算600試合登板を達成した右腕は「後輩たちには長く現役をやってほしい。僕の記録を抜けるものなら抜いてみろ、と言いたい」とチームにエールを送った。

【表】各球団発表、2020-2021年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

 函館工高、八戸大を経て、2005年大学生・社会人ドラフト3巡目で、球団創設2年目を迎える楽天に入団。主に中継ぎとして通算625試合に登板し、42勝58敗45セーブ159ホールド、防御率3.67をマークした。今季は11試合2勝0敗、4.35だった。

 入団時の監督で今年2月に亡くなった野村克也氏については、「顔と名前を覚えてもらおうと必死だった。『野球より俳優の方が向いているんじゃないか?』と言われた時は、覚えてもらえたと思えてうれしかった」と甘いマスクをほころばせた。

 そのあとをついで監督となった故・星野仙一氏からは、抑え転向を打診され、「僕でいいんでしょうか?」と戸惑っていると、「稼ぎたくないのか!?」と一喝されたと言う。

 ウイニングショットは鋭く落ちるスライダー。「これを覚えたことによって、プロでやってこれた。ここ数年、スライダーが曲がらなくなってきたのが、引退を決めた理由の1つ」と感慨深げに語った。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」