野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、本拠地での日本一へ「一戦必勝」 2試合無安打の周東に助言も

ソフトバンクは23日、大阪から本拠地PayPayドームへ移動して1時間半の軽めの調整を行い、24日の「SMBC日本シリーズ2020」第3戦に備えた。練習後、工藤公康監督が報道陣に対応し、ホームでの戦い方について語った。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

まずは一戦必勝「短期決戦はどこでどう変わるかわからない」

 ソフトバンクは23日、大阪から本拠地PayPayドームへ移動して1時間半の軽めの調整を行い、24日の「SMBC日本シリーズ2020」第3戦に備えた。練習後、工藤公康監督が報道陣に対応し、ホームでの戦い方について語った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人を相手に2連勝を飾ったソフトバンク。この日は、柳田悠岐や中村晃、デスパイネらの主軸はアップのみで打撃練習はなし。その中で、グラシアルだけはしっかりとバットを振って汗を流した。

 工藤監督は、この日のメニューについて「明日の準備というところでしっかりと個人で準備をしてほしい。そのための今日なので、打ちたい人は打って、治療に当てる人は治療に当ててくれてもいい。各々が後悔のないように今日を使ってほしい」という意図があったと話す。

 大阪での戦いで2連勝と優位に立ったが「勝ったことは過去のこと。あと2つどう勝つかということだけをしっかり考えてやっていくことが大事」と、前日の勝利監督インタビューと同じ内容を繰り返した。

 工藤監督の頭の中には「あといくつは負けてもいい」という発想はない。「一戦必勝でいかないと、短期決戦はどこでどう変わるかわからないんで。過去にもそういう例もありますしね」と、決して相手に隙を見せるつもりはない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」