野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人バッテリーに専門家が苦言「甘い真っ直ぐを見逃されたら、なぜと疑わないと」

巨人は京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ」第1、2戦でソフトバンクに連敗。24日には舞台をPayPayドームに移して第3戦に臨むが、昨年も鷹に0勝4敗と一蹴されている原巨人に、挽回の可能性はあるのだろうか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間捕手として活躍した野口寿浩氏は、巨人バッテリーの観察力に疑問を呈した。

巨人・大城卓三【写真:荒川祐史】
巨人・大城卓三【写真:荒川祐史】

グラシアルに2ラン、デスパイネに満塁弾を浴びた背景

■ソフトバンク 13-2 巨人(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

【画像】「ギータが謝ってる」ファンを爆笑させた鷹・柳田悠岐が千賀滉大に深々と頭を下げる実際の写真

 巨人は京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ」第1、2戦でソフトバンクに連敗。24日には舞台をPayPayドームに移して第3戦に臨むが、昨年も鷹に0勝4敗と一蹴されている原巨人に、挽回の可能性はあるのだろうか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間捕手として活躍した野口寿浩氏は、巨人バッテリーの観察力に疑問を呈した。

 22日の第2戦で15安打13得点と爆発した鷹打線にあって、特に破壊力を発揮したのが、ジュリスベル・グラシアル内野手とアルフレド・デスパイネ外野手の両外国人だった。

 昨年の日本シリーズでMVPに輝いたグラシアルは、今年も2試合通算7打数4安打、打率.571と打棒を振るっている。第2戦では、4点リードの3回、巨人2番手の戸郷から左中間席へ2ランを放ち、早々と試合を決定付けた。

 デスパイネは、5回に田口から右犠飛。7回には1死満塁で、鍵谷から右中間へ満塁本塁打。巨人にとっては、ショックが第3戦以降まで後を引くような衝撃弾だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」