野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

先発投手はゲームを作ろうとするな― 天才・前田智徳氏が分析する巨人逆襲のポイント

「SMBC 日本シリーズ2020」ソフトバンク・巨人の第3戦(午後6時15分からテレビ朝日系列で生中継)が24日、PayPayドームで行われる。広島一筋24年で通算2119安打を放った解説者の前田智徳氏は、巨人のキーマンに第3戦先発のエンジェル・サンチェス投手を挙げた。

巨人・原辰徳監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
巨人・原辰徳監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

テレ朝解説者の前田智徳氏は巨人サンチェスをキーマンに指名「まずはロースコアに持っていかないと」

「SMBC 日本シリーズ2020」ソフトバンク・巨人の第3戦(午後6時15分からテレビ朝日系列で生中継)が24日、PayPayドームで行われる。広島一筋24年で通算2119安打を放った解説者の前田智徳氏は、巨人のキーマンに第3戦先発のエンジェル・サンチェス投手を挙げた。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年の日本シリーズから6連敗。厳しい戦いが続く原巨人が勝機を得るには――。前田氏は「初戦を菅野投手で落として『厳しいな』と選手は思ったんじゃないかと思います」と巨人ナインを思いやった上で、第3戦の必勝ポイントを示した。

「とにかく抑えないといけない。サンチェス投手が1イニング1イニングを……。いや初球から勝負球を投げるぐらいので気持ちでいかないと。5回まで投げようという考え方でいくと、今のソフトバンクでは(抑えるのは難しい)。ソフトバンクの流れなので。まずはロースコアに持っていかないと」

「例えば(ソフトバンク先発の)ムーア投手が乱調だったとしますよね。点をとってもすぐにリリーフ陣で流れを切られる可能性がある。向こうのブルペンはビハインドの投手もいいので。どちらにしてもロースコアに持っていって、巨人もリリーフ陣で切るしかないんですけど、まずはサンチェス投手ですね。やはり先発投手です」

 ただ単に全力投球というわけではない。「全力でどの球種もしっかりとそういうつもりで投げる。リリーフを経験したことない投手は分からないかもしれませんが、初回からしっかりと。目一杯がむしゃらに投げるとコントロールが付かない」。この難しい、さじ加減。まさにサンチェスの経験、投手力が試される大一番となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」