野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・栗山巧の凄さを徹底検証 通算2000安打へ屈強な身体に選球眼、少ない三振数

西武の栗山巧外野手が、プロ19年目となるシーズンを終えた。ライオンズ一筋でプレーし続けてきた37歳のベテランは、今季、開幕から好調な打撃を維持。10月下旬からは中村剛也、山川穂高、エルネスト・メヒアといった長距離砲たちが調子を落としたこともあり、4番打者の大役を任されるように。新たな持ち場でも持ち前の勝負強さを発揮し、激しい2位争いの中で幾度となく貴重な打点を叩き出した。

西武・栗山巧【写真:荒川祐史】
西武・栗山巧【写真:荒川祐史】

10月下旬からは4番に座り、本塁打数はキャリア最多の12本を記録

 西武の栗山巧外野手が、プロ19年目となるシーズンを終えた。ライオンズ一筋でプレーし続けてきた37歳のベテランは、今季、開幕から好調な打撃を維持。10月下旬からは中村剛也、山川穂高、エルネスト・メヒアといった長距離砲たちが調子を落としたこともあり、4番打者の大役を任されるように。新たな持ち場でも持ち前の勝負強さを発揮し、激しい2位争いの中で幾度となく貴重な打点を叩き出した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 栗山は2020年シーズン終了時点で通算1926安打を記録しているが、この数字は西武の選手としては球団史上最多の数字となっている。今季も101安打と、2年連続、通算11度目の3桁安打を記録。来季は西武の長い歴史でも初めてとなる、生え抜きとしての通算2000本安打達成の期待がかかるシーズンとなりそうだ。

 同い年で同期入団の中村と共に、チームの精神的支柱として昨季までのリーグ連覇にも貢献してきたが、2017年から2019年にかけては3年連続で打率.250台と低迷。過去の実績を考えればやや苦しい時期を過ごしていた。しかし、今季は9月1日の時点で打率.303をキープするなど安定した打撃を続け、最終盤にやや調子を落としたものの、打率は4年ぶりに.270を超え、本塁打数はキャリア最多タイの数字を記録した。

 最多安打とゴールデングラブ賞にそれぞれ1度ずつ輝き、ベストナインを3度受賞した実績を誇る栗山にとって、打線全体が不振に陥る中でチームをけん引する活躍を見せた今季は、復活の足がかりをつかんだシーズンと言えそうだ。頼れるベテランが過去数年に比べて成績を向上させた理由は、いったいどのような点にあったのだろうか。

 今回は、栗山が19年に渡るプロ生活で残してきた成績をあらためて振り返るとともに、栗山が今季記録した各種の数字を、セイバーメトリクスで用いられる指標を交えながら分析。それに加えて、コース別、球種別の打率についても確認していくことで、成績向上の理由について迫っていきたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」