野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクが3試合連続で先制! CSでMVPの中村晃が2ラン「甘く来た球をしっかり」

4年連続日本一を目指すソフトバンクが3試合連続で先制した。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃が右翼スタンドへ2ランを放って2点を先制した。

ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】

2勝0敗としているソフトバンクがまた先制に成功

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 4年連続日本一を目指すソフトバンクが3試合連続で先制した。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。3回に中村晃が右翼スタンドへ2ランを放って2点を先制した。

 両チーム無得点で迎えた3回だった。2死から周東がシリーズ初安打となる二塁への内野安打で出塁。吉川尚の悪送球で二塁まで進むと、打席には中村晃が入った。2ボール2ストライクからの5球目。サンチェスのカットボールを捉えた打球は快音を残して右翼スタンドへ飛び込んでいった。

 打った中村晃は一塁側ベンチに向けて右手を掲げてガッツポーズ。「打ったのはフォークです。追い込まれていましたが、甘く来た球をしっかり捉える事が出来ました。3人で終わらずに、2アウトランナー無しから得点出来たのは良かったです」と会心の当たりを振り返った。

 2勝0敗として勝てば王手をかけるソフトバンク。第1戦、第2戦に続いて先制点を奪った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」