野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ムーアが7回まで無安打投球 日本シリーズでのノーヒットノーランなら史上初

ソフトバンクのマット・ムーア投手が7回まで巨人打線をノーヒットに封じる好投を見せている。24日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。先発した左腕は7回まで2四球の走者しか許さず、無安打無得点投球を続けている。

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

初回に失策で無死二塁のピンチ背負うも、松原が犠打に失敗するなど巨人は無得点

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのマット・ムーア投手が7回まで巨人打線をノーヒットに封じる好投を見せている。24日にPayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。先発した左腕は7回まで2四球の走者しか許さず、無安打無得点投球を続けている。

 負ければソフトバンクに王手をかけられる巨人が苦戦を強いられている。初回、先頭の吉川尚が遊撃・牧原の失策で二塁まで進み、いきなり無死二塁のピンチ。だが、松原が犠打に失敗。坂本を空振り三振、岡本を遊ゴロに打ち取った。

 2回も1死からウィーラーが四球で出塁させたが、亀井をニゴロ併殺打。3回以降もヒットすら出ず。7回まで出した走者は四球とエラーの走者だけで無安打にねじ伏せている。ソフトバンクは3回に中村晃の2ランで先制。2点をリードしている。

 日本シリーズでのノーヒットノーラン達成なら史上初の快挙。2007年には中日の山井大介、岩瀬仁紀が継投による完全試合を達成している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」