野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・中島宏之がシリーズ最多タイの3死球 3戦連続死球で達川光男氏に並ぶ

巨人の中島宏之内野手がシリーズ最多タイとなる3個目の死球を受けた。24日の「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。8回にモイネロから死球を受け、これが今シリーズ3個目のデッドボールとなった。

巨人・中島宏之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・中島宏之【写真提供:読売巨人軍】

8回の第3打席でモイネロから死球を受けてシリーズ3個目の死球

 巨人の中島宏之内野手がシリーズ最多タイとなる3個目の死球を受けた。24日の「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。8回にモイネロから死球を受け、これが今シリーズ3個目のデッドボールとなった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 7回までノーヒットに封じられた巨人打線。8回1死で打席に入った中島は2ボール2ストライクからの5球目が左背部付近に当たる死球を受けた。中島は第1戦、第2戦でも死球を1つずつ受けており、これでシリーズ3個目の死球に。日本シリーズ記録は1991年に達川光男氏が記録した3個(7試合)で、3試合目にして中島が最多タイに並んだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」